e-文書法,ScanSnap,スキャンスナップ 

e-文書法とScanSnapの利用

ScanSnap(スキャンスナップ)

効率化精神旺盛な私にとって、紙はかなり困ります。
検索にも時間がかかり、場所を取るので。
で、ScanSnapは、書類を自動で高速スキャンします。本も一冊丸ごとデータ化できます。
さらに、スキャンした文字をデジタル化できるんです。だから、検索もできる。
ScanSnapは内部統制及びライフスタイルの革新です。感動です☆

e-文書法(参照)では、領収書などスキャンしたものでも本物と同等の効力があると定められるため、領収書はデータの保存でOK。データ化されてるから、経理まとめるとき、コピペで高速で入力できる。プログラム組んで自動で入力することも可能でしょうね。感動です☆ 

嬉しすぎて、紙類なんでもガンガンスキャンして捨てました。
たまっていた大学のノートから取り扱い説明書や本など。
部屋がすっきりした♪

技術的に簡単そうに見える便利な機械でも、
実際作られていないものはたくさんありますね。
最終的には、携帯とノートパソコンにすべてを収束させてほしい^^
まずは、お財布携帯の世界征服。VisaとかMasterCardが参入してくれば世界征服できそうですから、がんばってほしい。そうじゃないと、日本だけでも基準できるまで長いだろうし。

あとは、さっさとノートパソコンに、プリンタとスキャナを内蔵してくれ!!かさばるんだーー!!

g5_powerbook.jpg
このくらいの大きさでいいんで。お願いします。

あと、本が問題ですね。激しくかさばるし、買いに行くのが面倒くさい。。
電子ブック市場は、なかなか成長しない。著作権が一つの問題ですね。
でも、自分のような効率人間より、目に優しい紙派の人が多いのが市場が拡大しない根本的原因でしょう(泣)。

誰かと、電子ブック市場開拓法を語り合いたい今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

ところで、こんな製品があります。
電子ブック市場が成長しない原因として、見開きして読むスタイルが問題なのか!?

こんなものもある中、
電子ペーパーディスプレイの開発も進んできているので、期待します。


*ScanSnap(スキャンスナップ)補足
アメリカでも売ってます。
・Macでも基本機能は使えます。

*e-文書法

正式名称
「民間事業者等が行う書面保存等における情報通信の技術の利用に関する法律」および「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」

e-文書法における関連省庁のデータ条件
省令財務省令の国税庁告示に定められた要件厚生労働省の省令に定められた要件
対象契約書、領収書(3万円未満) および これらの写し、請求書、注文書、見積書など診療記録など、厚生労働省の定める書類
解像度200dpi (8ドット/mm)以上300dpi (12ドット/mm)以上
カラー24bit カラー (RGB 各色256 階調)以上なし
読取モードファイン(200dpi 相当)、カラー(24bit)で対応スーパーファイン(300dpi 相当)、カラー(24bit)で対応