飛行機の座席指定方法 

飛行機の楽な座席指定の方法

エコノミークラスで海外へ行のは、精神的、肉体的に結構キツい

そこで、エコノミーでも快適に過ごす為の席位置について

エコノミーでの席位置は、十数時間のフライトでは、雲仙の疲労の差となります。

席位置の指定は、航空券を購入するときに旅行代理店などに頼めばやってくれます。空いている席なら好きなところを選べるので、早めに購入した方がいいですね。

ジャンポジェットは、エコノミーだと左右両端に2~3席づつ、中央に5席ほど席があります。

中央は、団体でない限り絶対避けます。中央5席の中央なんかになったら、両端2人の熱気を感じながら十数時間を過ごさなければなりません。しかも、トイレに行くのに、2人の壁があります。基本的に人の前を通るには、人の膝をまたぐか、人が足を全力でシート側に引っ込めないと通れないのです。僕の場合、見知らぬ人だと、結構な精神力を要します。特に、その人が爆睡している場合は難易度が高いです。

残るは、両端の席ですが、
端に2席ならまだ景色を見るため窓側でもいいかもしれないですが、端に3席ある場合は、通路側をすすめます。通路側だと、トイレに自由に行けるだけではなく、通路側がフリーなため余裕があります。
最近のフライトで発見したのですが、通路側の唯一の問題点は、異常に太った方が側を通るたびにお尻が肩に触れます。。
また、中央の通路側だとスペースはありますが、横から4人以上の熱気が来るので個人的に好きではない。

もっとお勧めなのが、最前列の両端です。最前列の両端は、前に席がないため、前方がフリースペースです。
しかし、離陸、着陸時に乗務員と目を合わせなければなりません。。。
それに、テレビの画面などが、見にくい場合が多いです。


あとは、好みの問題ですね。

ちなみに、僕は、最前列窓側派。