アメリカ,コンセント,ブラグ,変圧器,電圧  

電圧,変圧器,コンセント,ブラグ

アメリカでは、120Vの電圧です。
もちろん交流で最大170Vで、電圧が不安定です。

(日本は、100Vの交流、最大140Vで電圧が安定している)

下の3つ目の差し込み口は、ヒューズ。
つまり、雷とかで電気製品が壊れるのを防いでくれる?

それで、変圧器が必要かという問題だけれども、
普通はいらない。

なぜなら、最近の日本の電化製品は、
世界中に出荷されるためか、
幅広い電圧に対応できるようになっているから。

でも念のため、
電化製品の説明書か、プラグのどこかに対応電圧が書いてあるはずなので、それを参考にして変圧器が必要かを調べてください。

精密機械ほど、対応電圧が幅広い事に気づくと思う。
そして、精密じゃない機械なら、少しくらい電圧が高くても壊れない。
(保証はしませんが)


また、3つの差し込み口を2つに変えるものが電気屋さんで売ってるので、
それを使えば、アメリカの電化製品も日本で使える。

あと、僕の寮とかは、
寮内で外国製の変圧器を使用すると、
というか、置いておくだけで。
罰金50ドルとられる。
2回目からは、100ドル。

理由は、火事になる可能性が高いからだってさ。
しかも、アメリカ製は、その可能性がないっていうからね。

頻繁に部屋に入って来て、抜き打ちチェックされるから、
もう変圧器を全部処理してしまった。