アメリカ,消費税制度  

アメリカ消費税制度

アメリカの消費税率は、消費する商品やサービスによって変動する。
商品は、非課税対象品、減税対象品、増税対象品などに分類される。

生活必需品は非課税または低い税率、贅沢品は高い税率、微妙な物は中間の税率となっている。

また、僕の住んでいる地方では、消費税免除日が年2回あり、その日は消費税が免除される。

日用品のレシートに書いてある税金何パーセントというのは、
商品全体の値段に対する消費税率を表しています。
だから、7.3298765%みたいに長くなるのです。

この制度を日本のような消費額だけに応じた税制と比較するのは、面白いと思う。
アメリカの制度では、低所得者が生活し易くなる反面、市場間の不公平が生じる。
増税対象にされた商品を販売する企業からの圧力や、
消費者の消費パターンを変動させる可能性があり自由な市場経済を乱すという明らかな問題がある。

日本の制度では、低所得者の消費税額が高くなってしまうが、市場的には公平だといえる。


アメリカのゴミ事情も参考にしてください。