アメリカの大学を早く卒業する方法 ,飛び級 

アメリカの大学を早く卒業する方法

アメリカの大学を早く卒業する方法です。

1、テスト系で単位を取る。
CLEPやAPテストなど、テストで飛ばすことができます。
大学のTesting Centerのウエブページに詳しい情報が書いてあるはずです。
大学によっては、成績もくれるところがあるので、簡単なテストを受けまくって、
GPAを一気に引き上げる目的にも使えます。

特に、日本語のテストはお勧めです。
まず、日本人なら合格間違いなしで、10単位くらい簡単にとれます。
外国語が必須じゃなくても、Electiveを日本語で埋めれば早く卒業できます。

2、Petitionで飛ばす。
これは、交渉です。

まず、大学へPetitionの申請をだします。
出来るだけ、説得力がある文章を書くのがカギです。

"このクラスは、自分には簡単すぎて取りたくないので、
単位だけください、お願いします。" プラス 説得力 で大体通ります。

単位が取れなくても、Degree Planからはずしてもらえれば、
あとは、他の方法で単位だけ埋めれば、すぐに卒業できます。

僕は、この方法で面白いように飛ばしまくって
一気にアッパーのクラスを取ってしまったため、
訳が分からなくて、結局飛ばしたクラスのテキスト
を読むはめになりました(笑)
注意してください。

3。他の大学でも授業を取る。
学期に大学で取れる単位数は大体20単位未満になっていると思います。
でも、他の大学でも授業を取れば、何単位でも取れます。
これを使えば、飛び級も簡単にできると思います。

この方法を使うときは、アドバイザーへその故を伝え、
大学から許可をもらってください。

しかし、経験上一学期に20単位以上取って、
全部の授業に出席すると大変です。
出席が必要なクラスは、
15単位くらいまでに抑えておいた方がいいです。
それから、教授へ"授業へは行きたくないので、
テストだけ受けます"と学期の始めに行っておけば、
出席やクイズ、宿題で減点されることはないですし、
テストの日程が変わっても教えてくれるので安心です。

最初から授業がない、
オンラインのクラスを取るのもいいと思います。

これらの方法を駆使すれば、
一学期に50単位ペースで進めて行けます。
やる気があれば、もっと出来ると思いますが。
そうすると、一年半でダプルメジャーを終了出来ます。
就職するなら問題ないと思いますが、
大学院では、
大学課程で3年以上学んでいることが条件となっている所もあり、
場合によっては、三個や四個目の学位を目指したり、
大学院のクラスを取ったり、研究したりして、
大学に長居するはめになります。


留学中のテキスト代を安くするも参考にしてください。